【〔5月20日〜〕東京 吉祥寺での個展のお知らせ】

5月20日(木)から東京吉祥寺のにじ画廊さんで、僕の所属する絵と音と言葉のユニット「repair」の個展「イディオムの鳥」を開催いたします。にじ画廊さんの2Fギャラリーでは約二年ぶりの展示となります。

今回は「架空の慣用句」をテーマにした作品の展示となります。

タイトルの「イディオム(idiom)」は、直訳すると慣用句の事。そもそもの慣用句の定義は「それぞれ意味を持つ別の言葉が結びついて、新しい意味を持つ」というもの。この特徴を借りて、根も葉もない新しい慣用句を想像し、その絵と言葉を展示します。

言葉のすみかを探す王国(イディオム)があったなら…と、言葉通りにゆかない定めの言葉たちが眠る王国に迷いこみながら、想像の世界をお楽しみください。


==========


絵と音と言葉のユニット[repair]
Solo Exhibition

「イディオムの鳥」

言葉とは 言葉通りにゆかない さだめ

2021.5.20 thu – 6.1 tue
at にじ画廊

Illustration by Akira Kusaka
Text by Yuka Taniguchi

open 12:00 – 20:00
closed wed

〒180‐0004東京都武蔵野市吉祥寺本町2‐2‐10
(JR中央線 吉祥寺駅より徒歩4分)
営業時間 12:00~20:00 / 定休日 水曜日
tel  0422-21-2177 / fax 0422-21-2166
nijigaro@gmail.com
http://nijigaro.com

You may also like

Back to Top